令和音楽院-Reiwa Music Academy-

〒561-0872 大阪府豊中市寺内2丁目13-11-205

Tel:06-6599-9219

mail:reiwaongakuin@gmail.com

令和音楽院ロゴ 編集済み.jpg

​-当音楽院代表-

鹿岡晃紀 先生(しかおかあきのり)

大阪音楽大学音楽学部声楽学科卒業。

舞台では、「ドン・ジョヴァンニ」ドン・オッターヴィオ、「魔笛」タミーノ、武士Ⅰ、「フィガロの結婚」ドン・クルツィオ、「コジ・ファン・トゥッテ」フェッランド、「メリーウィドウ」カスカーダ、「こうもり」アイゼンシュタイン役等に出演。宗教曲ではテノールの為に書かれた唯一のソロカンタータである教会カンタータ55番を始めとする様々なJ.S.バッハのカンタータのソリスト、同じくバッハによる「ヨハネ受難曲」福音史家、「マタイ受難曲」、「マルコ受難曲」、「マニフィカト」、「クリスマスオラトリオ」、C.P.Eバッハ「マタイ受難曲」、ヘンデル「メサイア」、シャルパンティエ「テデウム」、モーツァルト「ハ短調ミサ」、「レクイエム」、「戴冠ミサ」、ベートーヴェン「第九」などのソリストとして出演。

F.P.トスティセミナー2012修了、ディプロマ取得。受講生代表として「トスティに捧げる名曲コンサート15」に出演。

歌手活動のみならず、ザ・カレッジ・オペラハウスで演奏された大阪音楽大学学生自主公演オペラ「Tutti2013『ジプシー男爵』」、「Tutti2014『天国と地獄』」に指揮者として、歌手、オーケストラを率い大成功を収めた。

打楽器奏者として2007年~2014年までセンチュリー・ユース・オーケストラに所属。

声楽を井澤初美氏、新川和孝氏に、18世紀の音楽解釈を延原武春氏に、Canzone NapoletanaをGigi D'errico氏に師事。令和音楽院代表。吹田の音楽屋さん代表。神戸市混声合唱団、テレマン室内合唱団各団員。ひらの混声合唱団指導者、AMG MUSIC大阪校ヴォイストレーナー、大阪府立千里青雲高校吹奏楽部指導者。